「デジタル写真館」・・・徒然なるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年近畿地方の桜旅(17日目)・・メタセコイア並木、白髭神社、三井寺、石山寺

<<   作成日時 : 2017/05/14 09:10   >>

ナイス ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 1

今日は4月13日、木曜日、近畿地方の桜旅今日は17日目。今朝は、琵琶湖の「道の駅マキノ追坂峠」という所で目を覚ます。今朝は外気温が2度まで下がっていた、車内も明け方6度まで下がっている、

 今朝はよく晴れて、青空が広がっている。今朝は6時過ぎに起床して、カップラーメンを食べてコーヒーを飲んで朝食とした。

昨日お話をしていた、大阪のおっちゃんはすでに早朝出かけたみたいだね、意外と早い出発だ、今朝は7時47分にここを発って、メタセコイアの長い並木道へ行ってみた、8時5分に到着、

この辺りは栗の生産が盛んで、生産農家が昔植えた並木が成長したのだ、4月中旬ということもあって、まだ、緑の新緑はまるで出ていないが、四季折々色々な顔を見せてくれるのだとか、

*** マキノ高原メタセコイアの並木 ***

画像


画像


画像


画像


新緑、紅葉、雪景色など、確かに背の高いまっすぐなメタセコイアの並木が道路の両側に広がって日本ではないような雰囲気だ、

さて、ここから、里山写真で有名になった写真家の今森さんの番組でやっていた、生水の郷、針江地区に8時35分にやってきた、

*** 針江の生水の郷 ***

画像


画像


画像


観光地でないので、ここは観光客の単独の行動を随分嫌っているみたいで、地区全体に拒絶反応が出ているのがわかる場所だ、

駐車場はもちろんないので、公民館の敷地に少し止めて10分くらい周辺を撮影してそそくさと退散だ。正式には、町に申し込んでガイド付きで案内を受ける方式になっているようだ、

綺麗な水がこの地区一帯に流れ込んでいて、敷地に取り込んでそこで野菜を洗ったり食器の下洗いをしたりして、そこに飼っているコイがご飯粒などを食べるのだという、そんな放送をやっていた、

まあ、こういう水の利用は他の地方でもあるよね、行ってみて、まあ、それほど驚くべき場所ではないと思った、それよりも、部外者を拒絶するような、部落的臭いがして嫌だなあというのが実感だね。

家の中に入るわけでなし、道路を歩きながら水辺の写真を撮ってもいいと思うのだがね、色々な注意書きが、観光客に挑戦的、拒絶的で、まあ、二度と来なくていい場所だね、

もっと、親しく行ける水場は日本にいくらでもあるよね、禁止、禁止、絶対禁止、駐車禁止、不審者扱い、子供が驚く、てな看板が沢山ありすぎていやな街、部落だなあというのが実感だね。・・・いいよいいよもう二度と来ないからね。

観光客を拒絶するのなら、生水の郷なんて名前つけなくてもいいよ部落の人だけで利用する水だから外部に宣伝する必要もないし、ネットでの配信も不要だと思うのだがね、ただ、小川が流れているだけなのだからね。

さて、そそくさとここを後にして、白髭神社に向かう、9時過ぎに到着、交通量の多い道路に面して神社はあって、琵琶湖の中に、鳥居が立っている、

安芸の宮島のような格好だね。しばし色々な設定で湖の鳥居を写してみる。

*** 白髭神社 ***

画像


画像


画像


画像


画像


さて、ここからナビを三井寺にセット、10時18分に到着、前回も一度来たことが有るが、駐車場が大きくて、周辺の道路も混雑していないでアプローチしやす神社だという印象だ、500円の駐車料金を払う、そして寺の入り口で入場料600円を払う、

まあ何かと神社の撮影はお金がかかる、特別拝観などあるとまた別料金を中で徴収するのだよね、鐘を突くのに払い、まあ、お寺というテーマパークだと思えばいいよね、大きな寺院になればそれだけ、神社の維持、運営には巨大なお金が必要なのだね、まあ理解はしているよ。

桜は満開だ、ソメイヨシノが主で、ピンクの枝垂れなどもところどころで見ることが出来る、今日は雲が多いが晴れているので、CPLフィルターを付けての撮影だ、ここは大きな敷地でぐるっと回って、琵琶湖疎水まで行ってみた、

*** 三井寺 ***

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


琵琶湖を望む ・・・・

画像


画像


*** 琵琶湖疎水 ***

画像


ここがまた素晴らしい、琵琶湖の水はここ大津から取り込んで、京都の蹴上まで運んでいるのだね、当時の最高の土木技術で構築したのだ。

しばらく湖側に歩いてゆくと、橋が架かっていて、ここからの疎水の桜が本当に美しくて多くの観光客とカメラマンが来ている。まあ、至福の時間であった、

*** 疎水に架かった橋の上から ***

画像


画像


画像


画像


画像


画像


歩いて結構疲れた、車に戻ってもう一つのお寺、石山寺にナビをセット、まあ、これが近くなので行く気になったのだが、三井寺を12時35分に出て、結局135分いたことになる。

さて、石山寺へ13時05分、30分で到着だ、ここも駐車場が広くて助かる、ここも500円の駐車料金に入場料600円で入る、

参道の桜が満開で美しいお寺だ、ここは初めて来た、入って、いきなり本堂へ行くのに階段を登る、大きな岩が特徴の庭園で、その上に多宝塔が建っている。この風景が気に入ったね、

*** 石山寺 ***

画像


画像


画像


新緑のモミジが美しい ・・・・

画像


それと、この寺院の庭園の特徴は、ミツバツツジの多いことだ、薄暗い庭園の中で、灯がついたように咲いているミツバツツジは好きだなあ、

画像


画像


画像


ここでも別料金で紫式部展を行っていたが、お客さんたち皆、ここでUターンして戻ってゆく、600円の入場料で見る桜の庭園だけで十分だよね、

ここは紫式部ゆかりの場所だとか・・・・

画像


今更、紫式部はいいのかなあって感じだね、ぐるっと回ったがここは自然の山をうまく利用した苔むした庭園で、桜とミツバツツジが美しい、

下の方には菖蒲園も小さいながらあって、これから楽しめるのだろうね、まあ、三井寺ほどの広さではないが、こちらは自然の山の中の寺院という感じで趣がる。

画像


画像


ここを14時40分に発って、本当に疲れたので、もう、道の駅に行こうと思って、ナビを「道の駅草津」にセット、15時17分に到着、

やれやれ今日は疲れた、ここの別棟のレストランでハンバーグ定食を食べる、これがおいしかった、最後にコーヒーが出たのがうれしかったね、

デイサービスの集団だろうか、おばあちゃんたちが10名ほど来ている、職員も5人ほど来ていて、杖で一生懸命歩く人や、車椅子で動く人を介護している、

ここで、休憩タイムをとっていたのだろうが、今日は天気が良くて、テラスでの休憩は楽しかったろうね、ここの年寄りには皆に笑顔が出ていたね。

よく桜祭りで見かけるデイサービスの年寄りたち、顔に笑顔や表情がないのが印象なのだがね、ここの年寄りには笑顔があった、こういう光景を見るとホッとするね、年寄りの笑顔は良いね。

さて、これで一通り近畿の桜を撮影してきた、奈良の又兵衛桜が満開と聞いているが、もう疲れたので明日家に帰ることにした、一日かけて又兵衛も撮ったことが有るしね、

明日帰宅するよ!ってメールすると家内から電話で、今施設にいる義理の母が軽い肺炎にかかってその見舞いの面会に明日病院に行くとのことだ、無事治ってくれればいいのだがね、もうすぐ100歳を迎える義母なんだよね、頑張ってほしい・・・・







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に凄い旅ですね〜。私の知らない日本を丹念に回られているなと感じます。日本もまだまだ広いなと思います。
全国的には知られてなくても、地域の人が大事にしている場所や花木が沢山あることが分かります。
三井寺は行ったことがあります。春の花に彩られてとっても上品で綺麗ですね〜。
ミクミティ
2017/05/14 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年近畿地方の桜旅(17日目)・・メタセコイア並木、白髭神社、三井寺、石山寺 「デジタル写真館」・・・徒然なるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる