「デジタル写真館」・・・徒然なるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 新緑と水田の風景(2)

<<   作成日時 : 2017/06/03 09:01   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は5月24日、水曜日、北陸信越の旅2日目、十日町市松代の、道の駅松代ふるさと会館で目を覚ます、夜何度も目が覚めて、もし外に靄でも掛かっていたら、朝早く起床して星峠の雲海を撮るつもりだったがカスミはかかっていない、

それでも、5時前に起床して、結局星峠の棚田に向かった、星峠には5時半に到着だ、やはり、早朝はカメラマンが多いが、昨年秋の紅葉の時のあの混雑はないね、

しかも、今日はまるで雲海はないし、曇って太陽が顔を出していない、まあそれでも、昨日の午後の光とは異なる朝の斜光線のなかでのメリハリのある風景の撮影をしばらく行う。

*** 再びの星峠の棚田、朝の風景 ***

画像


画像


画像


画像


この向こうが東側、太陽がでて靄がかかると美しい雲海になるのだがね・・・・

画像


画像


画像


画像


画像


道すがらの田園風景・・・・・

画像



さてここから、富山県の砺波市へ向かう、散居村の展望台へ行きたいのだ、

天気が悪いが、兎に角一回行ってみたかった場所だ、十日町を過ぎて、北陸道に乗って、8時35分、有磯海というSAに到着、

ここで朝定食を食べた、あまりおいしく感じられない800円の定食、焼き魚が出されたのだが塩気が少なくて美味しくなかったのと、冷凍ものをチンして出したことがありありとする食材であった。また、撮影に熱中して食いっぱぐれがあるといけないので食べたまでだね、

北陸道の有磯海SAの800円の朝定食・・・・見た目綺麗だが、冷凍ものを温めたものが多くて、蓮は固いし、魚は味が無くて美味しくなかったね・・・・

画像


このSAにはエネオスがあるので給油しようと思って遠くから見たら、レギュラー148円とびっくりする値段なので、断念、高速を降りるまではまだ余裕があるので一般道で入れることにする。なんで、高速って一般道より20円も高いのかね?

私も相当のことがない限り最近は一般道で給油する、満タンで600km以上走るので、まず問題はない。

さて、ここを9時18分に出発して、砺波で北陸道を降りるが、ここへ来るまでに北陸道のトンネルは2−3km位の長さが26個あるんだね、結構嫌になる距離だね。

北陸道の両側には緑の植えたばかりの苗の水田や、そろそろ刈り取る麦畑が広がっていて美しい、10時20分、砺波市の散居村の展望台へ到着、

さすがに靄がかかって鮮明とは言い難いが、田園風景が美しい、屋敷林のなかに民家がある構造で、広い水田風景の中に小さな森が沢山あるような構図で実に美しい、

*** 散居村の展望 ***

自然の水田と人々の住む屋敷林の点在が美しい

画像


画像


画像


画像


今日は霞が多くて思うような撮影ができないが、また来ればいいさ!!

画像


画像


晴れて空気が澄んだ夕方には、この位置から西側に面する散村の風景の水鏡が赤く輝く素晴らしい風景になるのだね、

冬は雪で覆われた景色だそうだ、四季折々の美しい自然のというか、人間の農業風景が見られるわけだ、今は植えたての水田の稲の緑と、そろそろ収穫を迎える麦畑の黄色が美しいコントラストを展開している、

針伏山を下りる途中で、伏木谷や井栗谷の棚田や、そしてシャガの群生を撮ったり楽しむ、そして、砺波の水田地域にやってきた、

*** 伏木谷のシャガの群生 ***

画像


画像


画像


屋敷林を撮ろうと走り撮影をした、まじかに麦畑を撮ったり、屋敷林を撮ったりする、

*** 砺波の水田風景・・・美しいね ***

画像


屋敷林だね・・・・

画像


画像


画像


麦畑を見ると、何となくノスタルジックになる・・・・昔実家でも栽培していたっけ

画像


画像


麦と、お米と、年ごとに転作するのだね・・・・昨年は麦、今年はお米ってね・・・・砺波市でコントロールしているのだね

画像


画像


この砺波市を走っていると五郎丸とか太郎丸っていう地名が出てきて珍しいね。何かいわれがあるのだろうね。そして12時32分、道の駅砺波へ到着、

でもお昼時だが併設のレストランのメニューがあまりおいしそうでないので、ここはすぐに出発して、近くのコンビニでおにぎりを買って食べる、まだこの方がましだよね、

最近、結構脂っこいメニューが多すぎて私のお腹に合わないのだね、和定食が食べたいのだが、肉系や唐揚げ系ではね、昼間から胃がもたれてしまう

さて、ここから氷見にナビをセット、もうそれほどの距離ではない、

氷見の道の駅、もうかれこれ、10年くらい前に来た時と随分様相が変化して大規模になっていて、フードコートや海鮮物の販売や、そして併設の温泉施設までできている

*** 氷見の道の駅 ***

車での旅人には優しい道の駅だね、ついつい、財布が緩むね!!

画像


こういう施設があるのだ

画像


沢山のキャンピングカーが全国から来ている

画像


ひみぼうず君だね

画像


*** 日帰り温泉の総湯 ***

画像


総湯っていう名前の天然温泉、早速入ってきた、600円也。結構塩分の濃いしょっぱい温泉だが気持ちがよい、寝湯とかサウナ、露天風呂、などがってまあ満足の行く温泉だった、


ここの道の駅駐車場が大きくて、バスなども巡回していて観光のルートになっている、食事、お土産、お酒、海鮮、フードコート、温泉、無料の足湯、これは旅人には優しい施設だね、

足湯だ・・・・

画像


多くのキャンピングカーが来ている、長崎とか福岡とか、遠くの方から来ている、大型のキャンピングカーでも楽々止められて、彼らに好まれているのだね、

番屋亭で海鮮を食べて生ビールを飲んで過ごす、夕方から雨が降ってきた、明日は白米の棚田の方へ能登半島を左回りにぐるっと回るのだが明日の天気はどうだろうかね、

画像


画像


このお店は、道の駅が出来た当初から有った料理屋で昔は朝定食を7時からやっていて、美味しい焼き魚と味噌汁を早朝に食べた覚えがあるが、いまは、朝定食はやっていないと言っていた、それからここ数年で大きな施設の道の駅になったのだとか。

・・・・私にとって氷見は、能登半島旅行の表玄関なのだよね、本当に素敵な場所に変貌した。また秋にでも来ようかと思う、近いからね、







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新緑と水田の風景(2) 「デジタル写真館」・・・徒然なるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる